豊中市上野東の歯医者・歯科クリニック

このようなお悩みや症状がある方はお早めにご相談ください。

・外出が困難で通院ができない。
・体が不自由で口、口の中のケアができない
・合わない入れ歯がを治したいが外出できない
・うまく食事を呑み込めない

Y’s歯科クリニックでは介護施設やご自宅で寝たきりの方、歩行困難な方、入院中で通院できない方など、歯科治療が必要だが通院が困難な患者さまを訪問し、歯科診療を行う「訪問歯科診療」をおこなっております。

訪問歯科でできること

歯科訪問診療は何らかの身体的、精神的理由で歯医者に通院できない方に対し、歯科医師、歯科衛生士が自宅や介護施設、病院等に訪問し、歯科診療や専門的口腔ケアを行います。

訪問歯科の対象者
訪問歯科は希望者なら誰でも利用できるわけではなく、基本的に自力での通院が困難な人のみとなります。

訪問歯科の利用条件
・病気、障がい、要介護などで通院が困難な方
・利用先の訪問歯科診療所から半径16km以内*の自宅、施設、病院
*半径16kmを超えた場合は保険適用外となります。ただし交通・地理的に特別な事情がある場合は保険適用が認められることもあります

訪問先は自宅や施設、病院などの患者が寝泊まりしている場所に限られるので、デイサービスやデイケアなどの通所施設では利用できません。また、歯科や口腔外科のある病院に入院している場合も対象外となります。

訪問歯科の診療内容

訪問歯科の主な患者は高齢者の方が多いため、高齢者に多い口内トラブルに対応することがほとんどです。最初は「歯が痛い・抜けた・欠けた」「口臭が気になる」「義歯(入れ歯)の製作・調整」といった治療が必要になる依頼が多いため、歯科医師が中心となって訪問・治療にあたります。

虫歯・歯周病治療

虫歯・歯周病は、歯を失う主な原因となります。しかし、虫歯も歯周病も自覚できる初期症状が少なく、何らかの症状が出ている場合、病気が進行している可能性が高いため早めの治療が必要でしょう。当院では、患者様に快適に治療を受けていただけるよう痛みに配慮した治療に努めています。体調を考慮し、無理のない範囲での治療をご提供します。

入れ歯の調整・作製

合わない入れ歯を無理に使い続けていたり、多くの歯を失っているにも関わらず入れ歯を持っていなかったり、噛めない状態が続いている人は少なくありません。よく噛めるようになることは、何でも食べられるようになるだけでなく、脳への刺激を増え、認知症予防にもつながります。当院は、保険・保険外に関わらず、患者様に合った入れ歯の製作を目標にしています。お気軽にご相談ください。

口腔ケア・肺炎予防

口腔ケアには、お口の中を清潔にする「口腔清掃」とお口の機能を高める「口腔機能回復」があります。主に、プロフェッショナルクリーニング(PMTC)やセルフケアの指導、お口の機能を高めるための訓練(簡単な体操など)を行います。誤嚥性肺炎の予防には、誤嚥を防ぐことはもちろん、炎症の原因となる細菌を減らすことも必要となります。そのため、クリーニングによって清潔な口腔環境を維持し、機能回復訓練によって食べる・飲み込むといった機能を維持・向上することは、誤嚥性肺炎の予防にも有効だとされています。

入れ歯作りから口腔ケアまで

通院困難な方に多い訴えは、「食べられなくて困っている」というのものです。食べられなくなった理由は、入れ歯が壊れてしまったり歯が抜けてしまった、あるいは入れ歯が合っていないなどさまざまです。訪問歯科診療では、通院困難な方の訴えをくみとり、むし歯や歯周病などの治療や入れ歯の作製・修理、口腔ケアなどに対応しています。また、誤嚥性肺炎の予防や食べる楽しみの回復など、口腔機能のリハビリテーションも行います。治療は利用者の体力に合わせ、無理のないように進めていきます。費用は医療保険や介護保険が適用されます。

受付から診療までの流れ

まずはお問い合わせください。

お住まいの場所への訪問が可能かお調べします。

日程調整をして初回訪問日を決定します。

初回訪問時に治療計画をたてて、完治まで定期的に訪問します。

http://toyonaka-ys-dc.com/wp-content/uploads/2022/03/ikezawa3-300x300.png
池澤先生

歯や口腔内を健康に保つことは、食べる喜びを持ち続けるといったQOL(Quality of Life=生活の質)や全身の健康状態にも影響します。そのため、病気や障がい、加齢などによって歯科医院への通院が難しくなった場合でも、訪問歯科を利用することで定期健診やメンテナンスを続けることが大切です。