豊中市上野東の歯医者・歯科クリニック

このようなお悩みや症状がある方はお早めにご相談ください。

・歯が痛い
・冷たいものや熱いものがしみる
・歯が茶色や黒に変色している
・歯がズキズキする
・歯茎が腫れる
・詰め物、被せ物が取れてしまった
・食べ物が歯に詰まる
・歯に穴が開いている
・歯が溶けて根っこしか残っていない

虫歯は、口腔内の大きなトラブルです。さまざまな治療法があり、患者さまの口腔環境やご希望に合わせ、長期的な視点から最良な方法をご提案いたします。できる限り「やりかえの必要がない治療」を心がけています。

むし歯治療について

C1(初期虫歯)

エナメル質という歯の一番表面の硬い組織が溶けはじめ、浅い穴が出来た状態です。自覚症状はほぼなく、セルフチェックや定期検診で見つかることが多い虫歯です。

C2

むし歯がエナメル質の下の象牙質にまで達した状態です。症状としては冷たいものや甘いものがしみたりします。一般的に象牙質は痛みを感じると言われており、浸潤麻酔下で歯を削ります。むし歯部分の除去が終わった後に金属や白い陶器のような詰め物(自由診療)や被せ物で治療していきます。

C3

むし歯が歯髄という歯の神経にまで達した状態で、痛みが発生している場合が多いです。激しい痛みを通りすぎると一度痛みが消える場合がありますが、これは歯髄が死んでしまっただけで治ったわけではありません。治療としては歯髄とむし歯を除去し、歯の根の治療を行った上で金属や白い(自由診療)陶器のよう被せ物で修復していきます。

C4

むし歯が進行し、歯がほとんど無くなってしまった状態です。多くの場合で見えている部分だけではなく、歯の根までむし歯に侵されてしまっている状態です。そのまま放置してしまうと、他の歯へも影響をおよぼす為、歯を抜いて欠損補綴(歯を失った後の治療)を考える必要があります。

虫歯除去

虫歯の部分を取り除き、樹脂や金属を詰めて治療をすることもありますが、削ることで悪化を招くようであれば経過を観察する場合あります。

むし歯の治療で歯を削るとき

むし歯の治療は、初期であればフッ素塗布等で再石灰化を促したり、進行するまで経過を観察するなど、削らない場合もあります。
しかし虫歯が進行する場合、出来る限り早くに削らなければ、むし歯は広範囲に拡大していきます。ですから「もう少し様子を見て」と自己判断で様子見していると、どんどんむし歯は拡大してしまいます。
歯を削りたくないという方もいらっしゃいますが、歯科医師が「削る」というときは、これ以上放置すると悪化してしまう状態ということです。

むし歯を大きく削るワケ

むし歯の治療の後、鏡を見たら「小さかった筈のむし歯のところに大きな削り跡が・・・」とショックを受ける方もいます。確かにむし歯よりも大きく削る場合がありますが、これには理由があります。
歯科医の中でも、なるべく歯を削りたくないという意見が多くあると思います。しかし、いざ削るときは、むし歯の取り残しと再発に細心の注意を払って治療を行います。
もし、むし歯を取り残してしまうと、詰め物や被せ物をしても中でむし歯が拡がってしまいます。また、詰め物や被せ物が削った部分に適合しなければ、隙間から新たに菌が入り込み、詰め物や被せ物の隙間や内側に新たなむし歯が出来る原因となります。そのため切削し形を整える「形成」という手順を踏む必要があるのです。もちろん、形成を行う上でも「最小限の切削量」を目指しますが、むし歯を取り除くだけと思っておられる方にとっては、大きく見えてしまうかもしれません。

詰め物や被せ物の選び方

むし歯の治療の後には詰め物や被せ物をする必要があります。小さいむし歯でも、削ったまま放置してしまうと、その部分だけ歯質が薄くなっているので歯が弱くなったり、柔らかい象牙質のままであればむし歯になりやすい状態でもあります。そのため、詰め物や被せ物という補綴物を歯の代わりにセットするのですが、この補綴物には色々な種類があります。大切なことは、治療後のお口の状態をどうしたいかによって選んでいただくことです。例えば、むし歯のに強いものであれば金やセラミック(自由診療)、むし歯や歯周病にも強くて見た目もキレイなものであればセラミック(自由診療)、金額を抑えたい場合は保険適用の銀歯(パラジウム)など、ご自身のご要望に応じてお選びいただくことが出来ます。
特徴やメリット・デメリット、あなたの希望にはどれが合っているのかなどのご提案をする「補綴カウンセリング」を受けてお選び下さい。