豊中市上野東の歯医者・歯科クリニック

このようなお悩みや症状がある方はお早めにご相談ください。

・親知らずが痛い
・歯ぐきが腫れている
・唇が切れた
・歯が折れた
・顎が痛い
・口が大きく開けられない
・舌にヒリヒリした痛みを感じる
・舌に白い苔のようなものがある
・口の粘膜が赤い

Y’s歯科クリニックでは、「親知らずの抜歯」「親知らずの自家歯牙移植」「顎関節症の治療」「外傷の治療」などの口腔外科なども対応可能でになります。
上記の症状でお悩みの方、それ以外の症状でお悩みの方、何かお口のことでお困りであれば、一度お気軽に当クリニックまでご相談ください。

口腔外科・親知らず外来について

歯や歯ぐきだけでなく、歯ぐきや顎の骨、舌や口腔粘膜など、お口周辺のさまざまなトラブルに対応可能なのが口腔外科です。

親知らずや難しい歯の抜歯(埋伏歯)

親知らずの抜歯は歯の治療の中でも難易度の高い治療の中の一つです。特に下の親知らずの抜歯は術後に痛みが続くことも少なくありません。抜歯しなくてもよい場合もありますが抜歯したほうがよい場合の方が多いです。
その理由は
● 歯ブラシが届きにくく虫歯になりやすい。また、親知らずのはえる向きによっては、前の歯の根を吸収させたりすることがある。(放置していると、親知らずと手前の歯の両方を抜歯しなければならいこともあります)
● 周囲の歯ぐきに炎症が起こる場合が多い。(女性の場合、妊娠中に症状が出ることがあるため、早いうちに抜歯したほうがよい場合があります。)
● 歯並びが悪くなる原因のひとつになる。
抜歯しなくても問題ないケース
● 親知らずも手前の歯も健康で上下歯がしっかりと噛み合っている場合
● 骨の奥深くに埋っていて他の歯や顎に影響を及ぼす可能性が低い場合

骨の中の膿ふくろ(膿瘍、のう胞)

歯の根の先に膿の袋ができていることがあります。これは歯根のう胞といいます。
あごの骨の中で少しずつ、何年もかけて大きくなる場合があります。歯の根の治療で治る場合もありますが、手術で取り除く必要がある場合があります。こちらも痛みのないまま進行することが多く、痛み出したときにはかなり大きくなっていることもあります。たまに顔が大きく腫れてしまうこともあります。
お口全体のレントゲンを撮影するとわかることが多いです。
当クリニックの定期健診ではレントゲンを撮影した際に必ず確認しています。

口の中のできもの(良性腫瘍、がん)

良性腫瘍やがんは歯ぐき、舌、頬の粘膜、あごの骨の中にもできることがあります。
小さい時に見つけられればよいですが、痛くないまま大きくなるため気がついたときにはかなりの大きさになっていることが多い傾向にあります。
歯周病のような状態で歯が動いている、口内炎がなかなか治らないといった症状で受診した時に発見されることも少なくありません。
当クリニックの定期健診では、歯だけでなくお口の中全体を検診しています。
※より専門的な治療が必要な場合は大きな病院に紹介させて頂くことがございます。

口内炎、粘膜のあれ、舌の痛み

口内炎は疲れが溜まっている時など免疫力が低下した際に発生することが多くみられます。
通常は数日で治りますが、なかなか治らず強い痛みが出る場合もあります。
また、舌の痛みや、粘膜の荒れの原因はさまざまで診断が難しいこともあります。

顎関節症

顎関節は、口の開閉を制御する関節です。「以前より口を開けにくくなった」、「顎が痛い」、「口の開閉時に音がする」といった症状は、顎関節症が疑われます。顎関節症の診断や、治療も口腔外科が担当です。