豊中市上野東の歯医者・歯科クリニック

知覚過敏

知覚過敏は、正確には「象牙質知覚過敏症(ぞうげしつちかくかびんしょう)」というもので、様々な刺激(とくに温度刺激)に過剰に敏感になっている状態をいいます。

虫歯の症状との違い

◯知覚過敏
痛みの程度は様々で、「少ししみる」程度から、「キーンと」しみる感じや、「ズキン」と痛むケースまで幅があります。でもほとんどの場合、症状が出ても一過性で落ち着き、持続することはありません。

◯虫歯
初期の段階では甘いものや冷たいものがしみ、ひどくなるにつれ温かいものがしみるようになってきます。
そして病状が進むにつれ、痛みを感じる長さが長くなってきますが、最後には何もしなくてもズキズキ痛むというような状態になります。

歯はエナメル質という硬い層で覆われていますが、歯の根っこはエナメル質より柔らかいセメント質に覆われています。

歯周病や強い力でブラッシングを行うと、歯茎の位置が下がり、本来歯茎で覆われていたこのセメント質が露出し、神経に刺激が伝わることにより知覚過敏が起こります。