豊中市上野東の歯医者・歯科クリニック

歯のレントゲンの種類

一般的な歯科医院には、主に3種類のレントゲンがあります。

①パノラマ

患者さんの頭の周りを装置がぐるっと一周回りながら撮影を行います。
一枚の画像に全ての歯を撮影し、歯全体の様子を確認することができます。

  • 骨の状態
  • 大きな虫歯
  • 歯の神経の有無
  • 根っこの状態
  • 埋まっている歯の有無
  • 顎関節の状態

 などが分かります。

②デンタル

1枚の小さなフィルムまたは画像(約3cm×4cm)に、撮影した2~3歯とその周囲組織を詳しく確認することができます。目的の部位を鮮明に写し、パノラマよりもさらに詳しく確認する必要がある場合に撮影します。

③CT

3Dのレントゲン写真です。

歯や骨の幅・奥行、虫歯や根っこの先の炎症の広がり方を立体的に見ることができます。
親知らずを抜く際の下顎に通る神経との位置関係を見たり、
インプラントの治療の際に骨の形を確認する目的で撮影します。