豊中市上野東の歯医者・歯科クリニック

デンタルフロス

歯と歯の間(歯間部)は歯ブラシが届きにくいためプラークが残りやすいです。

虫歯や歯周病が発生しやすい場所なのでデンタルフロスを歯間部の部分に使用するとプラーク(歯垢)を取り除くことができます。

デンタルフロスの種類

  • 糸巻きタイプのデンタルフロス
    必要な長さを切り取り、指で操作して歯と歯の間を清掃するタイプ
  • 糸巻きタイプのデンタルフロス
    必要な長さを切り取り、指で操作して掃除するタイプ
  • ホルダータイプのデンタルフロス
    ホルダーにフロスが取り付けられているものなので、指での操作が難しい方や初めて使う方におすすめです。
    2種類あります。

お手入れ方法

使い方捨てタイプと何回か繰り返し使えるタイプとあります。

交換時期

  • 糸巻きタイプのデンタルフロスは、使用した部分は破棄しましょう。
  • 使い捨てのホルダータイプは、毎回交換しましょう。
  • 使い捨てではないホルダータイプは、毛が引っかかったり毛羽立ってきたら交換しましょう。