豊中市上野東の歯医者・歯科クリニック

顎関節症

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、

  • 口を開けると痛む(開口時痛)
  • 口が開かない(開口障害)
  • あごで音がする(関節雑音)

といった症状が出るあごの疾患です。

これらの症状は、あごの関節を構成する骨・筋肉(咬筋:こうきん・側頭筋など)・関節円板・靭帯などの異常によって生じます。

朝起きて顎が痛い、首や肩が凝っているなど症状がある方は、寝ている間に歯ぎしりや食いしばりをしている可能性があります。

寝ている間は無意識なので、歯ぎしりや食いしばりをやめることはできませんが、マウスピースを入れることによって防止することができます。